昭和生まれの私たちにとっては平成天皇の30年の在位では、余り記憶に残っていない。昭和天皇は50年近くの激動の時代の記憶がある。昭和25年ごろ、戦後の全国巡幸でわたしたちの村の一番近くの国鉄の駅まで2時間ばかりかけてゆき、父と姉の3人で昭和天皇を見たのは8歳の初夏だった?、
 
e0164247_17290802.jpg
(この写真は昭和天皇、巡幸の新聞記事である)
昭和時代を47年間過ごし、父、母、姉を天へ送ったのは、昭和時代であったので、その後の平成天皇の時代は私たちにとっても穏やかな時代であった。
e0164247_17204991.jpg
平成天皇も先の時代の、慰霊の旅、全国の災害地の御訪問と良く活動された。陛下は何時の時代でも、崩御されたのちも日本国民の象徴である。
奇しくも、今日12月8日は昭和16年、真珠湾奇襲攻撃によって、あの忌まわしい
「大東亜戦争」が始まった。  某国も大国、B国の挑発に乗ってミサイルをB国領土に向かって打ち上げてはいけない。「リメンバー・?????」で叩きのめされるだけだ。
     敗戦の傷は70年経っても癒されない。

[PR]
# by john3-16-1303 | 2017-12-08 18:13 | Comments(0)
10年ほど前になるか?双葉の時、姫が、どこかの山から抜いて来た、10センチ程の紅葉を鉢に植えていた。だんだん鉢をおおきくして、今はかなり大きい鉢だ、1メートル程の木に成長している。この秋は紅葉している。昨年までは色づかないまま枯れていたのに・・・?
e0164247_16375164.jpg
紅葉は色づかねば、趣がない。昨年までは軒下に入れて大事にしていた。今年は雨や風にさらして、自然のままにしておいたのが良かったのかも・・・?朝の紅葉の落ち葉に秋の終わりを感じる。(ナーンチャッテ・・・)

[PR]
# by john3-16-1303 | 2017-12-01 17:02 | Comments(2)

「世は去り、世はきたる。しかし地は永遠に変わらない」 伝道の書1:4 since 2008


by john3-16-1303