波に揺られて・・インカ遺跡、マチュピチュ・・・!

2月16日

世界遺産、マチュピチュ遺跡観光、バスにて登山入り口へ行くが、入山待ちである。それほど登山者が多いということか? 順番が来て、ユックリ徒歩にて頂上へ、高齢者(90歳を超えている女性、ほか)に合わせて山頂を目指すので助かる。霧が晴れて山頂から遺跡の全景が見える。長い間夢見た、景色を前にして感動を覚える「ああ・・これがインカの文化遺産か?」・・・この高地のインカ人の生活を想像する。山頂での眺望を終え、下山するまで雨も降らず暑くもなく快適なウォーキング。(チョット上り下りがあったが無事下山した。後、登山口のレストランでバイキングの昼食、列車にてオリャンタイタンポ駅に戻り、途中降り出した雨の中、バスで走る、食後の雨中の小型バスは疲れる。途中夕食を済ませて、夜遅くウルバンバのホテルへ到着今夜の宿泊、新しい大きなリゾート・ホテル(敷地も部屋も広すぎる、二人では?しかし二人分の設備しかないんだな)

e0164247_16221960.jpg
高知の坂本竜馬くん(アンデス高地の坂本リャマ)日本の観光客のために着けた名前。
e0164247_16202709.jpg
e0164247_16201704.jpg
謎である儀式が行われた巨大な石・・?  外国の青年も感動してさけぶ・・!
e0164247_16203024.jpg

e0164247_16200883.jpg
此処へ行くために船に乗ったのだから・・・・・。ついにキタド・・・169.png169.png110.png
e0164247_16215911.jpg
時々霧が出るがすぐ晴れる。気温は下がっているが歩いているので快適、
e0164247_16203466.jpg
下山後の昼食レストラン、感動で・・・食欲は余りない、
事にしておこう。



by john3-16-1303 | 2017-05-04 16:41 | Comments(0)

「世は去り、世はきたる。しかし地は永遠に変わらない」 伝道の書1:4 since 2008


by john-isao