波に揺られて・・クスコ遺跡を見る。

2月17日

世界遺産・クスコ遺跡観光,標高3400メートルの都市、ガイドから高山病に気を付けてユックリ歩きましょうと最初に指示がある。巨大な石の遺跡、こんな大きな石をどのようにして組み立てたのか?(考えることは日本に帰ってからにしよう)その後市内観光(サントドミンゴ教会(降雨)、昼食、道が狭くてバスまでの徒歩の間、アチコチ観光、12角の石(12箇所の角がある石が正解だ)、雨の中の観光は気分な晴れない。、16:45LA2042 リマ空港へ、バスでカヤオ港へ、18:30帰船、久しぶりの船内の日本食。***飲んでご機嫌、我が家へ帰ったようだ。5日間、何処のホテルも豪華なツアー観光であった。船の寝室がツアー並みの部屋もベッドもだったらいいのに・・・、船はカヤオで16日から4日間、停泊している。この4日間でツアーに出ている乗客がほとんどで船内はガラーンとしている。我々のコースを4日間でこなすのは困難で有る皆1,2か所のツアーに出ている。

e0164247_07175816.jpg
e0164247_07180366.jpg
巨大石組の大きさがわかる。

e0164247_07333881.jpg
e0164247_07174393.jpg
世界遺産監視員と・・・

e0164247_07180623.jpg
e0164247_07175588.jpg
e0164247_07181054.jpg
12角の石(12のカドがある石の事である。)
e0164247_07181775.jpg
これでインカの遺跡に触れる旅は終わりを告げる。・・・!



by john3-16-1303 | 2017-05-05 07:44 | Comments(0)

「世は去り、世はきたる。しかし地は永遠に変わらない」 伝道の書1:4 since 2008


by john-isao