人気ブログランキング |

人の子の来臨  (マルコ13:24~27)

 今日の聖書通読箇所から・・・・
・・・・・ 13:24
その日には、この患難の後、日は暗くなり、月はその光を放つことをやめ、 13:25星は空から落ち、天体は揺り動かされるであろう。 13:26そのとき、大いなる力と栄光とをもって、人の子が雲に乗って来るのを、人々は見るであろう。 13:27そのとき、彼は御使たちをつかわして、地のはてから天のはてまで、四方からその選民を呼び集めるであろう。・・・・・・・
 ・・・・・・・・ 13:37  私があなた方に話していることは、すべての人にいっているのです。目を覚ましていなさい。

イエス・キリストは、マルコ13章を通して「世の終わりの前兆と迫害」について語られています。

 話は変わりますが、 梅雨入りしました、毎日、湿った空の日がしばらく続くでしょう。しかし太陽はその上に輝いています。・・・・!  
e0164247_07571356.jpg
わがやのビワは今年もたくさんの実をつけました。二階のベランダからでも「高枝切り」が届きません。自由に伸ばしているからでしょうか?
   (主人がやさしいから、甘やかしたせいでしょうか?)

by john3-16-1303 | 2018-06-07 08:03 | Comments(0)

「世は去り、世はきたる。しかし地は永遠に変わらない」 伝道の書1:4 since 2008


by john-isao