人気ブログランキング |

周囲の変貌に驚くばかり・・・

 3か月ほどの留守の間に、家の周囲の景色が変わってしまった。小学校の西側から外環状道路までの畑が「弓削の宮」遺跡の発掘調査後、広域商業地域に変貌するため広い道路、大型商業店等の建設中だ。あの広い畑はどこへ消えたのか?緑の農地は・・・?これは家の近くの出来事である。 12日の土曜日、
「ルーブル展」が14日で終わるので、天王寺の美術館に出かけた。いつものようにJR天王寺で電車を降り
e0164247_08301874.jpg
駅右側から踏切を渡り、公園入り口へ・・・?入口がない・・・?公園もない。
 この前、美術館に来たのは何時だったのか?確か著名な画家がわが子を描いた
「こども展」だったな?(調べてみると「こども展」は2014年10月30日までだった)とすると4年ちょっとすぎている。今まで歩いていた道がすべて変わっている。美術館へ行く高架橋もなく楽になっている。しかしこんなに変わっていいものか?市街地は4年もたてば変わるだろうが、自分の住んでいる地域が変わるということは思い出が消えるようで、悲しいことだ。どこもかしこも変わってしまう。
そして古いものは消え去ってしまう・・・? しかし変わらないものがあります。
 「 信仰、希望、愛 」は永遠に存続します。と聖書に書かれています。
「成人の日」、今朝も寒い朝です。午後から少し暖かくなるでしょう・・!


by john3-16-1303 | 2019-01-14 09:04 | Comments(0)

「世は去り、世はきたる。しかし地は永遠に変わらない」 伝道の書1:4 since 2008


by john-isao